業務フロー

現場では、ロープ高所作業をすることが多いです。

  1. 一番最初に、足場を組むことから始まります。
    ロープで縛った資材を上階からロープで引き上げます。スタッフが多いほど作業連携して効率よく組み上げることができます。
  2. 足場が組み上がったら作業に入ります。
    ロープ・ハーネス・身体保持器具・アンカー・ライフラインを設置して安全を確保します。
  3. 高圧洗浄を行います。これで汚れ・不要物を取り除きます。
  4. シール打ち替え(打ち直し)を行います。これにより水漏れ等を防止します。
  5. 下塗りをして乾燥させます。
  6. 中塗りをして乾燥させます。
  7. 上塗りをして乾燥させます。塗装完了です。
  8. 足場を解体して、業務完了となります。

一日の流れ

現場により、作業内容は変わります。
作業前に打合せ・確認をして、効率よく作業を進めます。

8時    現場集合
8時~    作業内容の確認・作業開始
12時~13時休憩(昼食)
13時~   作業再開
17時業務終了

※ 塗装工事当日、朝8時には現場に到着して作業を開始します。

ロープ高所作業特別教育

ロープ高所作業特別教育の講習を受講して、ロープ、ハーネス、身体保持器具、アンカーの働き等、安全作業のための基礎を学んだ後に、それぞれの作業に関する専門的な知識・技能をの習得していただきます。

【ロープ高所作業特別教育 講習】

学科4時間 + 実技3時間 1日で終了します。

【現場での実地修練】

  1. 講習の受講 ⇒ 資格の取得
  2. 高さ2~3m程度の作業で慣らします。(2~3日程度)
  3. 徐々に階数を上げていきます。(1週間程度)
    (例)2階 ⇒ 3階 ⇒ 5階
    ※現場により階数が異なりますので、必ずしも1階ずつステップアップするとは限りません。

お客様の大切な財産(建物)を守る為に、安全作業が第一です。

社員募集はこちら⇒